ジェームス・ブラニオルは、1818年南仏マルセイユに設立され、19世紀末~20世紀初めにかけてパリ万国博覧会でグランプリを受賞など、大変歴史あるブランド。(画像:当時の製油所の様子などが分かる商品ポスター)現在は、フランス中部にあるオイルメーカーのコンパニー・デ・サヴール社≪La Compagnie des Saveurs≫がブランドを引き継ぎ、生産しています。

■オリーブ3品種、ピクアル(含油量が多く辛味・苦味が強い)、アルベキーナ(青いトマトのような香り)、オヒブランカ(マイルドで甘い香り)を、収穫後すぐに27℃以下でコールドプレスすることにより、酸度が0.8%以下に抑えられた、エキストラバージンオイルになります。

■完熟のオリーブに特有の、カシスなどベリー系のフルーティーな香り。まろやかで繊細な香りが口の中に長く残ります。

■優しい風味なので、魚や鶏肉、かぼちゃ、じゃがいも、豆類、パスタ、リゾットなどに合います。

【商品名】オリーブオイル エキストラバージン
【原産国】フランス
【規格】内容量 1L
【賞味期限】製造より4年

【商品名】オリーブオイル エキストラバージン
【原産国】フランス
【規格】内容量 500ml
【賞味期限】製造より4年

※寒くなるとオリーブオイルが固まることがありますが、、、
上質なオリーブオイルは10℃を下まわると、白く固まり始めます。これは、成分の一部である脂肪酸が固まるためです。品質には問題ありませんので安心ください。凝固した場合は、20℃前後の場所にしばらく置くと元に戻ります。通常は、常温で暗い場所にて保管をしてください。