1947年、プロヴァンス地方のフォンビエイユという小さな町にARNAUD Mariusと、息子のAndreによって設立された家族経営の会社です。

設立当時は、ボー・ド・プロヴァンスの谷のオリーブ(サロネンク、ブランケット、ピコリーヌ、グロサンヌ)しか扱っていませんでした。1954年、Andreの弟である、Louisも働くようになった為、フォンビエイユの郊外に工場を移設しました。その結果商売も広がり、輸入品のオリーブも加工販売するようになりました。
1960年、Andreはハーブ入りオリーブの販売を始めました。その製品は塩味が控え目で、まろやかな味がうけ、 イギリス、ドイツ、オランダなどヨーロッパ各国をはじめ、アメリカ、日本などの多くの国に輸出されるようになりました。

アールノー社は、1972年に有限会社となり、1989年にはARNAUDの孫も働くようになって株式会社になりました。 輸出の売上は、全体の4割を占めています。売上は伸長していて、1998年にはヨーロッパにおける衛生面での厳しい規定に適応した近代的工場を新設しました。現在は、タラスコンに工場があります。

【商品名】タプナード・グリーンボース
【原産国】フランス
【規格】内容量 200g
【賞味期限】製造日より3年間

種を抜いたグリーンオリーブにケーパー、オリーブオイル、アンチョビ、プロヴァンスのハーブを加えて作った南仏プロヴァンス地方のペーストです。

【商品名】タプナード・フラックボース
【原産国】フランス
【規格】内容量 200g
【賞味期限】製造日より3年間

種を抜いたブラックオリーブにケーパー、オリーブオイル、アンチョビ、プロバンスのタイムを加えて作った南仏プロバンス地方のペーストです。

トーストしたパンにそのまま塗ってカナッペに。魚や肉にペーストを塗ってからグリルで焼く。
又その料理のソースに。サラダのドレッシング、オムレツ、パスタ、ピザ、サンドイッチなどさまざまな料理にお使い頂けます。